« あらら | トップページ | 残念ながら使えない、spam対策 »

2004.01.18

blogはオーナーが管理者

マナーとか節度とかは、利用者が増えていくと必ず話題になります。これは、blogが先進ユーザだけのモノではなくなったという証であり、必ず、通過していかなければならない踊り場だと云えるでしょう。

いわゆる「キャズム」の一つとしてなぞらえれば、比較的、マナーとか節度に対する意識が論ずるまでもなく共有できた「イノベーター」や「アーリー・アドプター」の段階から「アーリーマジョリティー」の段階に踏み入れているという事になるのでしょう。

不具合なシステムは改良すべきでしょうが、それとは別にトラックバックで喧嘩を売るなんて悲しいと感じました。
詳細は [ 白生地や: 「トラックバック」の効用。 ]

まず、常識の罠というモノがあります。

常識というのは、実のところ、一人一人違うモノで、それでは常識ではなくなってしまう、と思うかも知れませんが、「郷に入れば郷に従え」とか「所変われば品変わる」というとおり、誰にでも通用する常識というのは、そうそうはないものなんです。

だから、喧嘩でも何でもないつもりなのに、思いがけない反応が出てしまうということがあります。そんな状況で、お互いが「売り言葉に買い言葉」という形になれば、何でもないことが喧嘩という形になってしまったり、言葉のすれ違いが積み重なって、喧嘩でも何でもないのに、そう見えてしまったりすることがあります。

世の中、誰にとっても正しい事なんて、そうそうはないわけで、それぞれの個人が「(私にとって)正しい」が多いか少ないかってことだと思います。だから、常に「私にとって正しい」は、「相手にとっては正しくない」という可能性があることを認識し、それを受け入れる必要があります。


それとは別に、明確に、もしくは巧妙に喧嘩を仕掛ける人はいます(笑
理由は千差万別で、これは人が理性ととに感情を持つ以上は、避けようがないと思うしかありません。

フォーラムでも喧嘩を売る輩はいたわけで、そういったモノが大事にならないように、スタッフや参加者が、共にいろいろなノウハウを蓄積していき、そして、それなりの管理機能が整備されてきました。

TBは議論の押し売りかでも、いろいろなコメントがありましたが、TBやコメントに対して、賛成する、反対する、中立を保つ、無視するという参加者が取り得る一般的な4つの対応の他に、削除する、閉鎖する(TBやコメントを受け付けないようにする、IPを指定してアクセスを禁止する)という管理者ならではの対応が、ココログでは出来るようになっています。

つまり、blogはオーナー一人一人が管理者であるわけで、これらの機能と対応方法の選択によって、コメントやTBによる機械的spamといったモノに対しても、それなりの対応が可能なんですね。

このときに必要とされるのが、きちんとしたポリシーを持って、それを使いこなすということです。常に強権を発動すればよいというモノではなく、タイミングを見極めて、使うときは躊躇せずに使うということが重要になってくるわけです。

そのためには、何もない普段から、どういうポリシーでココログ/blogが運営されているかという、管理者としての視点を持って、一つ一つの記事だけでなく、サイト全体、ココログ全体を見るという意識を持っておくと、いざというときに慌てなくて済みます。


ただ、これを一般のココログユーザの誰もが実践できるかというと、結構、大変なことだろうという気はします。

本当の重大事に巻き込まれるのは、ごくごく少数だろうとは思うのですが、ネットワークには垣根はありませんから、誰にでも可能性はあるわけで、更に云えば、そのごく少数に入りやすい人というのは、上記のことが実践できない人である可能性が高いと思われます (^^;

社会的経験のある人ならば、それほど、難しいことではないにしても、実戦経験の浅い子供や学生、大人であっても社会的コミュニケーション能力が未発達な人(このパターンが一番危ないわけですが A^^;)でも、容易にココログは始められます。

それらの人にとっては、今後、出てくるであろう、上位バージョンで提供されるライター機能などにより、コントロールできる人の管理下/保護下でココログを楽しむという選択は、視野に入れておいた方が良いと思います。


しかし、blog/ココログにおいて、こういうことが話題になるのも、やはり、

「読まれる可能性」「自分の書いた記事に興味をもって寄ってくる人がいる可能性」「さらに興味を持ってなんらかの意思表明をする人がいる可能性」
詳細は [ Ocolog - オコログ -: 当たり前のことをわーわー言わないコツ ]

というコミュニティとしての魅力を、多くの人が感じているからなんだと思いますし、元を含めて、多くのフォーラムユーザが積極的にblog/ココログを使っている例が少なくないのも同じ理由からだと思いますね (^^)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/112802

この記事へのトラックバック一覧です: blogはオーナーが管理者:

» 気になった記事 [Ocolog - オコログ -]
続きを読むの出し方 『検索日記』 たしかTypePadのベータテストをやっていたときは、原稿編集ページのレイアウトを変更できたような気が・・・。あれはプロ版を利... [続きを読む]

受信: 2004.01.18 17:01

» 喧嘩なんて売ってないのに… [skyward]
最近ば、誰かの記事を引用して記事を書く時、気を遣ってしまう(当社比)。 あそびをせんとやうまれけむ: blogはオーナーが管理者 喧嘩でも何でもないつもりなのに... [続きを読む]

受信: 2004.01.18 19:44

» ■アクセス解析5補遺2 [it1127の日記 ]
 ♥アクセス解析5補遺2--結果として判った事   1.アクセス数激増の原因    ①旬な話題への検索サイトからの来訪      白い巨塔、森山直太郎、芥川賞... [続きを読む]

受信: 2004.01.19 00:59

» ■アクセス解析5補遺2 [it1127の日記 ]
 ♥アクセス解析5補遺2--結果として判った事   1.アクセス数激増の原因    ①旬な話題への検索サイトからの来訪      白い巨塔、森山直太郎、芥川賞... [続きを読む]

受信: 2004.01.19 10:16

» ■文体[ウェブログvsメール] [it1127の日記 ]
 ♥ウェブログの文体とメールでの文体   変わる人    :誤解を受ける可能性がある   変わらない人 :その可能性が少なくなる   よくお互い腹を割って話し... [続きを読む]

受信: 2004.01.24 02:58

» ココログの現状を勉強してみる [R'sM]
今日はこの業界およびココログの現状を確認するために他所様の記事を必死読み.…ここにそれが関係する可能性は限りなく低そうですが,気になっていたので. ARTIFA... [続きを読む]

受信: 2004.01.24 15:55

コメント

白生地やです。
Tigerさん、TBをありがとうございます。ココログというブログでの運営者の立場についてもよく分かりました。
でもこうして自分達の身の振り方を改めて見詰め直したり、アドバイスをしたり頂いたり、人との関わりを学んでいく姿勢はココログならではのような気もして嬉しいです。また、改めて運営ポリシーといったものも確かめつつ発信だけでなく、いろんなココログを見て回りたいです。ありがとうございました。

投稿: 白生地や | 2004.01.18 17:50

はじめまして。it1127と申します。
興味深く拝読しました。貴サイトで触れられた記事
白生地や:「トラックバック」の効用。関連でトラックバックしました。連絡まで。

投稿: it1127 | 2004.01.19 01:09

コメントを書く