« ライターとエディター | トップページ | プロの見せ方 »

2004.01.07

ニュースにトラックバック

CNET JAPAN が昨日リニューアルされて、なんと、ニュース記事にTBが出来るようになった。

先ほどCNET Japanのリニューアルを行ないました。デザインコンセプトを見直し、サイト全体の構成やナビゲーションを変更し、全ての編集記事にTrackBackができるようにしました(従来はBlogのみ可)。
詳細は [ Kotaro Yamagishi's bJournal - 山岸広太郎のBlog(ブログ): CNET Japanリニューアルしました&ごめなさいx2 ]

ニュースのRSS対応すら、これからのところが少なくないのに、このダイナミズムは大したものだと思う。
ディープリンクですら嫌がるような大手旧新聞系メディアには、これがアドバンテージであるということさえ理解できない人がいるような気がする。

これによって、CNETが自らはリンクできないような、他社のニュースや、サービスへTBを使って、辿っていくことなどが出来るようになるだろうし、Google 等の既存の検索サイトより、リアルタイム性が良いのではないかと云われつつある、BulkfeedsFeedBack で、CNET のニュースを検索することも出来るようになる日も遠くない気がする。

しかし、今まで比較的気軽にあちらこちら、σ(^^;)もTBしてきたが、さすがにCNETの記事には安易にTBするのははばかられる。同じような感覚の人が少なくないのか、まだ知られていないからなのか、ニュースについたTBはほとんどない(笑

CNET を覗きに行く楽しみが一つ増えた・・・が、ニュースを見る時間も増えそうだ (^^;

関連記事のクリップ

NDO::Weblog: CNET Japan のトラックバック対応、その意味と将来
B-log Cabin TP: トラックバック対応を行った CNET Japan
ARTIFACT -人工事実- | CNETがTrackBackに対応

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/79598

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースにトラックバック:

» CNETにTBできる? [真・あぁドドメ色の珍生]
なんと、CNET JAPANに対してTBができるようになったとか。 [続きを読む]

受信: 2004.01.07 23:23

コメント

確かに、CNET の記事を見て、それからTBを辿ってそれぞれの Weblog を読み始めると、他のニュースサイトやテレビのニュースを見ている時間もなくなるかもしれないですね。

最近は、テレビ視聴の時間をどうひねり出すか、それが既に課題です。PSX にも、録画したコンテンツが見られずにたまっていく.....

投稿: minami | 2004.01.07 23:09

minami さん、ようこそ (^^)

σ(^^;)は既にテレビは数年前にあきらめました。
飯食っているときくらいしか見られないですね。

それすら、娘が夢中になって、食事が進まないことがあるので、最近は消していたり(笑

幸いにして、つれあいが「録るのが趣味」(見るのが趣味ではない(笑)ので、まあ、見たくなったら、それで見ればいいやと・・・。

ただ、新聞は読みたいんですよね。やはり、画面よりは読みやすいからでしょうか。まあ、なかなか読めなくって、読めても夜になったりするんですけれど (^^;)ゞ

結局、パソコン通信にしろ、インターネットにしろ、blogにしろ、人間一人の時間は有限であるということで、制限が掛かってくるなぁと、思っています。

同じ時間内に、より楽しめるものに取って代わられていくんだろうという気がします。

そういう意味でTVを見る暇がないというのは、TVは単位時間あたりで考えたとき、おもしろくない、という事と同意なんでしょう。

投稿: Tiger | 2004.01.08 10:31

コメントを書く