« RNA 1.9.1、リリース | トップページ | 「折りたたむ」に挑戦中 »

2004.01.24

マーズローバーとの交信が復活?

Mars Exploration Rover Updated Mission Status(英文)によると、「13:26世界時(午前5:26 PST)で始まり、毎秒120ビットのデータ割合で20分続いたコミュニケーション・セッションの探索車からデータを受け取りました。」(@nifty:翻訳)とのことです。

関連

NASA 火星探査機交信試み
送信途絶の火星探査車から信号、NASAが内容分析
米火星探査車から30分間信号受信 NASA回復に努力
火星探査車からデータ送信断絶 NASA「非常に深刻」

追加

交信復活で望みが出てきたと思ったんですが、もうダメ、とは確定しないまでも、かなり状態は悪いようです。

過去3日に60回以上のリブートを行っているとかで、どうも、ソフトウェアではなく、ハードウェアに起因する支障なのではないかという見方が有力になりつつあるようです。

Rover Team Readies for Second Landing While Trying to Mend Spirit(英文)

しかし、一方でスリープ状態にすらならずに、でたらめなデータを送ってくるということで、リブートを行っているというデータも怪しいのかも知れません。

Mars Exploration Rover Mission Status(英文)

火星探査機 異常は依然深刻
火星探査車の復旧作業難航、NASAが悲観的な見通し
火星探査車「危機的な状況」続く 部分復旧でも最低数日

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/129409

この記事へのトラックバック一覧です: マーズローバーとの交信が復活?:

コメント

コメントを書く