« モダシンさんのオフ会 | トップページ | [Tips] 表示に時間の掛かるモノは右サイドへ »

2004.01.13

TBは議論の押し売りか

フルカワさん、ナイスなネタ提供です(笑

「誰に?:ブラウザかRSSリーダーか」をエントリーしたら、呼んでもいない人たちからの「反論」がトラックバックされてきて、困惑しているフルカワです。議論することを否定はしませんが、議論の押し売りされるのはごめんだなあ。
詳細は [ 詞織: 個別記事ごとに設定できるTB/コメント ]

フォーラムなんて長くやっていると、自分の結論というのは、自分にとっての最良の選択に過ぎず、他の人にとっては結論でも何でもない、ということが身に染みついてしまいます。

また、自分の発言に対して、自分にとって意味のない反論がついて、更には自分を取り残して議論が進んでいくということも日常茶飯事だったりします。

blogにおいて、それが是か非かは、主催者の判断が最優先なので、TBやコメントを止めてしまうというのは、大いにアリだと思いますが、実際、目の当たりにすると大変新鮮ですね。

議論やコメントしたければ、この記事のように、勝手に余所でやってくれ、というところでしょうか。
blogの一つの使いこなし方とも云えるでしょう。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBは議論の押し売りか:

コメント

コメントつまり他人の意見が繋がらないと、自分が書くモチベーションが下がってしまうんですがね~。
そういう意味では以前からインターネットで日記サイトをやっている人には blog は合わないかもしれないな。

投稿: 酔うぞ | 2004.01.13 09:52

モチベーションの低下って、個人的な視点のときと、サイト運営者(マネジャー)という視点の場合で違いますよね(笑

自分にとって繋がらない、なんじゃこれは、という発言でも、危険性がなくって、ツッコミ処満載のコメントが付いたりすると、それは運営者としてはおいしいところです(笑

もう、ネタ提供ありがとうって感じで。ある意味感じ悪いかも知れないですが(爆

そういった意味では「日記」というのは、非常にある意味、個人的な視点とか、スタンスの場所ですから、そういったものをそのまま持ち込んだ場合は、あわないというのはあり得るでしょうね。

そういう場合のテクニックがTB禁止でしょうか。

投稿: Tiger | 2004.01.13 10:00

だいぶ前から日記をやっている人を知っているので、日記をやれと言われて、わたしはどうも続かない。
また、個人HPの掲示板をやっている人から「トラックバックとはなんぞや?」と掲示板 CGI との違いを問題にされましたが、仕組みの問題ではなくて、使い方というか使え方の違いというべきなんでしょう。
blog ではトラックバックで容易に横に話しを広げることが出来るのだから、それを使わないということは、旧来の日記と同じになる。
こういう話が一般化するのにはもうちょっと時間が掛かるだろうね。

投稿: 酔うぞ | 2004.01.13 12:03

σ(^^;)も日記や「はてな」は続かなかったのに「ココログ」は続けられるのは、ツールとか機能も重要だけれど、そこにコミュニティが存在し、それに記事をコミットできることを実感できているからだと思います。

別記事とも関連しますが、blogを続けられるかどうか、重要なモチベーションの一つだと思いますね。

やはり「人」が一番おもしろいです(笑

投稿: Tiger | 2004.01.13 12:13

こんにちは。
基本的には私も酔うぞさんやTigerさんの視点と同じところに立っている(基本的にオープンを望むし、また反応も喜ぶ)のですが、ことCSS関連の話題になるとやはりスタンスを変えなくちゃならないかな、というのがここ最近の実感ですね。「この説明に関してだけは、ディスカッションの対象としたくない」という記事群があります。自分の行為の説明以上のものとしてCSS関連の解釈を取り上げたくはないですから。

 CSSの「利用の仕方」そのものをおおざっぱに砕いて踏み込みやすくしているのに、(それが埋もれてしまうような、見る人から見れば難解な)技術論やら仕様の問題について専門的な論議が交わされるような場として「詞織」を利用してもらうつもりはない、という感じかな。

 というわけで各所で勝手にやっていただけると^^;

投稿: フルカワマサユキ | 2004.01.13 14:22

フルカワ さん、ども

わかります。

その辺りを制御する方法が、コメントやTBのオン/オフであり、この機能を有効に使ったネタということで取り上げさせて頂きました(笑

この辺り、なんでもかんでも、オンにしておくというのは、一つの思考停止かもしれないですね (^^;)ゞ

投稿: Tiger | 2004.01.13 18:36

フルカワマサユキさん
2ちゃんねるなんかでいろいろ試した結果なんですがね、掲示板でのコミュニケーションについてどこでも通用する方法として、コメントする事では、賛成・中立(無視)・反論の3つがありますが、実はそれ以外にコメントしないという第4の手があります。
もちろん、ちょっと察しの善い人なら「あ、無視された、こういう言い方は嫌われるんだ」と気づくでしょうが、多くの一般の読者はそこまで見ないから、問題が拡大することは無いです。
ここらを使い分けした上でも、機械的に閉鎖しなければならない、という状況はありますが、そこまで行くとほとんど法律違反(業務妨害罪)になりかねないような、粘着型のトラブルメーカーが付いています(^_^;)

投稿: 酔うぞ | 2004.01.13 18:39

今回は「議論」じゃなくて、「(強制するつもりのない)お願い」のつもりで書きました。
『フルカワさんの CSS 適用法を独自に拡大解釈して、サブタイトルになんでもかんでも入れまくっている人』があまりにも多いので、フルカワさんの方から、ひとこと注意していただければ、効果があるのではないかな、と思ったもので。

投稿: tsupo | 2004.01.13 18:50

やれやれ・・・話が見えましたよ。そういうことですね。

自分の価値観は自分の価値観。他人のそれはそれ。いいじゃねーかなにがあろうとよぉ。続きは自分トコで書くや、んじゃ。

投稿: おはる | 2004.01.13 21:16

そのとおり。それぞれの価値観であり、それぞれのスタイルなわけです。

どちらが正しいか、とは別の次元で、主催者の意志に、より沿ったコントロールの方法が提供されているのがココログだということです。

投稿: Tiger | 2004.01.13 22:48

私は、ココログも使ってないくせに、
古河社長のウェブログに、トラックバックを結構打っています。

>呼んでもいない人たちからの「反論」が
>トラックバックされてきて、困惑しているフルカワです

一瞬、古河社長がキレたのかと思って青ざめました。
今のところ、社長にはトラックバック6回打ってます。

投稿: 聖幸 | 2004.01.13 23:28

>一瞬、古河社長がキレたのかと思って青ざめました。

わはは。面白い!フルカワ違いですね(^^)。

それはさておき、TBを議論の押し売りととるのも、TBを消すのか放っておくのか最初から禁止にするのかを決めるのも、オーナー次第で良いのではないでしょうか。ブログのオーナーが、フォーラムでいうSYSOP、掲示板でいう管理人にあたるのでしょうから、それでいいのではと思いました。

フルカワさんの詞織のような人気サイトでは、サイト容量との兼ね合いもありますから、オーナーにとって不要なTBはオーナー権限で削らざるをえないでしょうしね。
# フルカワ社長(笑)のココログの方は容量制限なんか気にしなくて良さそうですけど。
# あれ?独特なのはスタッフルームだっけな……

しかし、この辺りにTBの一つの限界を見た気もしました。一長一短、ですね。

投稿: facet | 2004.01.14 05:59

聖幸 さん、

古河社長のところも、TBはOKだけれど、コメントは閉鎖するというコントロールをちゃんとしていますから、逆に言うと、常識の範囲内であれば、趣旨が違う程度のTBがついてもOKということでしょうし、何か問題があればTBの編集というコストもかけられると思います (^^)

投稿: Tiger | 2004.01.14 07:21

facet さん、ども (^^)

そうそう、オーナー次第なんですよ。

どちらもコントロールできるわけだし、後から編集することだって出来る機能がある。そういうツールだってことかなぁと。

酔うぞさんがコメントに対応する4つの方法を挙げていましたが、blogには閉鎖と削除という、オーナーならではの5つ目、6つ目の方法があるってことですね。

フォーラムでもリードオンリーとか、SYSOP削除があったわけで、後、足りないのは発言移動と保留かな(笑

投稿: Tiger | 2004.01.14 07:28

この記事へのコメントは終了しました。