« 米国のブログ運営者は300万~900万人とか | トップページ | Nucleus が MT API をサポート »

2004.03.12

アメリカの消費者、強し

フェアユース」で、元ネタとなった「broadcast flag」という「ゆるい」技術を、これすらも許すまいとする動きが出ているそうです。

デジタルテレビのコンテンツに関して違法コピーを禁じる規則に、異議を唱える訴訟が起こされた。複数の消費者団体によって起こされたこの訴訟では、米連邦通信委員会(FCC)が著作権の領域に不当に踏み込んでいるとして、槍玉に挙げられている。
詳細は [ CNET:FCCは出しゃばりすぎ--デジタルテレビのコピー防止をめぐり消費者団体が提訴 ]

権利というものは与えられるものではなく、闘って勝ち取るものである、というところが民主主義の原点なんだなぁと今更ながらに思いますね。

【参考】
なぜか日本よりゆるいアメリカのデジタルTVコピー規制:後藤貴子の米国ハイテク事情(PC WATCH:後藤貴子の米国ハイテク事情)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/290371

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの消費者、強し:

コメント

初めてコメントさせていただきます。

このニュースを読んだ時、「これだけ緩い規制なのに、なぜ?」とか思ったんですが、なるほど、「フェアユース」ですか。
この理念があるから、CCCDもアメリカでは普及していないのですね。

とても参考になりました、ありがとうございます。

投稿: Aya | 2004.03.12 10:57

Aya さん、ども

参考になって幸いです。

うちの記事で、CNETとPC WATCHが繋がったりできるところがblogの良いところだと思っています (^^)

他の所もやればいいのになぁ。

投稿: Tiger | 2004.03.12 11:05

コメントを書く