« 重い | トップページ | 今日のメモ »

2004.03.30

シロナガスクジラはどこから来たのか

昨夜は

シロナガスクジラ10頭分
観測気球: 重力の使命)クラスの重さだったとか(笑
一昨日辺りから、昼間でも、不定期に何頭か跳ねていた感じがします。

誰か巫女さんネタでも書いたか(笑

夜間レスポンス悪化の件ですが、どうやら別の箇所にも原因がありそうです。現在調査を続けています。
詳細は [ Insomnia: 別の箇所にも原因が ]
ここ数日、夜間にココログの閲覧に時間がかかる問題が発生しております。引き続き原因の調査と対応を行って参りますので何卒よろしくお願いいたします。
詳細は [ お知らせココログ: ココログを閲覧しづらい状態となっておりました。復旧しました。 ]

これは全くの根拠のない勝手な想像なんですが。

ニフティのホームページサービスは、容量はそれほど大きくないですが、とても太いバックボーン回線を持っている上に転送量のシバリがないために、本来の目的から外れて、非常に高速なダウンロードサーバの代わりとして使う人がいるとか聞きます。

そのためにサーバを増強してもいたちごっこなんだとか。

ココログは、アットホームページと比べて遙かに安価で大容量です。ココログプロの150MBと同じ容量を、アットホームページで用意すると20MB+10MB/400円×13ということで、5200円も余分にかかる計算になります。

もしかして、シロナガスクジラはアットホームページから回遊してきたのかも知れませんね (--;

第7条(利用上の制約-1)

1.ニフティは、ホームページへのアクセス数の増大(データ転送量の増大)により設備にかかる負荷が増大し、円滑なサービスの提供に支障を来すと判断した場合、当該ホームページを開設したユーザーの承諾を得ることなく、当該ホームページを一時的に閲覧できない状態に置いた後、再度閲覧できる状態に復活させることがあります。
詳細は [ blogサービス[ココログ]:@nifty ]

こういうものがあるにはありますが、ニフティはこういう「諸刃の剣」的なものを行使することに慎重すぎるきらいがあります・・・むやみに振り回すプロバイダーよりは遙かにマシですが (^^;

また、実際の対応としては、全く閲覧できない状態ではなく、水道の蛇口を絞るように、微妙に調整するのが通例と聞きますから、もしかして、そういう調整を併用しているのかも知れませんね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/370011

この記事へのトラックバック一覧です: シロナガスクジラはどこから来たのか:

コメント

コメントを書く