« ユビキタス・コミュニケータ | トップページ | ブログに貼り付けられる、占いモンキーなび »

2004.09.17

RSS は全文配信が当然?

「ブログ界で、省略されたRSSフィードほど苛立たしいものはない」んだそうです (^^;

Microsoftは、開発者向けに提供していたブログへのトラフィックが急増したことからブログには記事の一部だけを表示する決定をしたが、批判を受けて撤回した。
[ ITmedia エンタープライズ:Microsoft、増大するブログのトラフィックに苦慮 ]

確かに、RSSリーダで読むときは全文配信してくれた方が楽ちんです。

しかし、「hail2u.net - Weblog - RSSへのアクセス制限」という話や、Blog Hackers Conference 2004 での RSS の比率の話(naoya さんのところは、ほぼ半分が rss による配信、miyagawa さんのところは、なんと75%くらい(記憶が間違っていなければ ^^;)が rss による配信だとか。まあ、これは極端な例とは云っていましたけれど)、「hail2u.net - Weblog - FeedMesh」というものを見ると、安易に全文配信にして欲しいというのは、まずいのかなぁと云う気もしてきます。


こういう形で「無理」を「無理」でなくしていくのが、一番ですかね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/1456113

この記事へのトラックバック一覧です: RSS は全文配信が当然?:

» 技術が利用方法に追い越される時? [つれづれネット散歩]
RSS = RDF Site Summary というのが私の理解であったがフィードの扱いをどうするかということについて、まだまだ議論の種は尽きそうもない。 [続きを読む]

受信: 2004.09.17 20:45

コメント

全文配信してもリンクとかしまいにはなんかプログラムが動いているとかには対応することは出来ないだろうから、あまり意味がないと思うのだけどねぇ。
ただ、書く側が概要をきちんと書くとかRSS対応の書き方をするか?と言えばそんなことは無いわけで、全文か否かではなくて、適切な概要を作り出して配信する、といったところが落とし所かもしれません。

投稿: 酔うぞ | 2004.09.17 17:47

酔うぞ さん、ども

リンクやデータなんてのは、rss のバージョン(作り?)に依存するけれど、なんとでもなりまっせ(笑

もっとも、A4で何ページもある様なモノを全文配信して良いのかというと、そんなこともない気はします。適切な制限というのは必要でしょう。

適切な概要を自動生成というのは、今のところはサーバで行わせるのは非現実的な負荷を掛けそう。

正直なところ、rss 程度のテキスト情報で負荷が・・・というのは、どっか膨大な無駄がある様な気がしています。本来、変更がなければ取得しないということが出来るはずなのに、何でもかんでも集めていくやつがいるとか。

こういうのは、無理を通して、道理が引っ込む方向へ行くものなので、たぶん、そういう方向へ行くだろうと思っています。

無理が無理でなくす技術が出てくると思ってます(笑

投稿: Tiger | 2004.09.17 23:41

ちょっとニュアンスが違うのですが、
書き手(送り手)→RSSなどシステム→読み手ですわな。
それで、問題になっているのが真ん中の話しならな、両方にとっても無関係だということです。
そして、RSSなどは一種のフィルターですから読み手から見てどう見えるかという評価でその中の一部に「遅いじゃないか」はあるでしょう。
しかし、RSSで配信されることとURLを叩いて直接的に見ることが全く等価になった場合にRSSは評価されるか?
たぶん「もっと簡易なものが欲しい」と見る側は言うでしょう。
その意味で技術的な問題ではなくて、使い勝手についての注文は震えるだろうな、とその時に「負荷が・・・」「知った事じゃない」といった事になるんでしょう。
わたし的には「負荷が・・・・」みたいな話しに向いたところでダメじゃん、という感じかな。

投稿: 酔うぞ | 2004.09.18 00:58

酔うぞ さん、ども

>わたし的には「負荷が・・・・」みたいな話しに向いたところでダメじゃん

だから、MSは撤回したわけですよ(笑

負荷なんてのは、書き手にとっても読み手にとっても、知った事じゃないわけで、便利で手間の掛からないのが一番な訳です。

ただ、技術的に可能かどうか、可能でもコストはどうか、そして、普及するか、というのは、常につきまとうわけで、現在、自動要約ではなく、機械的に「語数」などでぶち切って要約だ、としているのも、それが安価だから、に過ぎないわけだし、要約を書く人が少ないのも、それが面倒だから、なわけですよね (^^;;

それをどう解決していくのか、解決せずに我慢しちゃうのか・・・

こんなに早い段階で、負荷という問題が早くも出てきてしまうところが、この rss という技術に対する世の中の評価だと思うわけです。つまり、過適応といえるほどに急速に普及しつつあると。

そして、それに負けないスピードで回答が用意されていかないと、rss の規格とか atom のが良いとか、そういう前に、ビジネス的に使えない、という判断ができあがってしまう可能性もある、つまり、ダメじゃん、ですね。

そうなるのか、ならないのか、そういうところがおもしろげで気になったから、記事にしてみたんですよ (^^)

投稿: Tiger | 2004.09.18 01:58

コメントを書く