« ウェブ型 RSS リーダー | トップページ | フォーラムを全面WEB化 »

2004.11.18

Sleipnir の悲劇

なんてことでしょうか・・・根こそぎ持って行かれてしまったようです。
現在、Sleipnir の公式サイトには繋がりません。

いくつかのタレコミを戴いたが、その中からbravo 曰く、 "IEコンポーネントを使ったタブブラウザとして定評のある「Sleipnir」の作者が盗難に遭ったとのことで、Sleipnirのサイトではその旨が書かれている。
[ スラッシュドット ジャパン | Sleipnir作者、開発マシンが盗難に遭う ]

今回の件でのアクセスが集中したためなんでしょう。

先日一時的にアカウントが停止されていました。
負荷削減のために一時的に画像等を表示しないようにしています。
[ タブブラウザ Sleipnir 公式ページ - BearFactory ]

ということで、現在は閲覧が可能になりました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/1994944

この記事へのトラックバック一覧です: Sleipnir の悲劇:

» Sleipnir 開発中止か? [つらつらぐさ]
 Tiger さんのところで知ってあちこち巡回してたら、あちこちで話題になってま [続きを読む]

受信: 2004.11.18 17:29

» Sleipnirが開発停止? [あたしンちのおとうさんの独り言]
なんとか、盗まれたPCが作者の元に戻ってくることを祈っております。 [続きを読む]

受信: 2004.11.18 22:52

コメント

今、同僚が(やや喜しそうな顔で)やってきて「ノブさんの使ってるブラウザーって・・・」とSleipnir作者の悲劇を教えてくれました。
ソースがどこにもないんだってねぇ。まあ、バックアップはとっていても盗難までは考えませんからね。「だからソース公開しとけばよかった」という話じゃないよね。

今のまま使えていればまあいいけど、FireFoxに移るきっかけができてしまったことも確か。

投稿: のぶ | 2004.11.18 09:50

のぶ さん、ども

ソースのバックアップを貸金庫にでも預けておくとか、レンタルサーバーに認証を掛けて ftp しちゃうとか、そういう管理は必要かも知れませんね。

ベクターあたり、今回のことを教訓に、作者向けに、そういうサービスをしても良いんじゃないかという話も Skype 仲間からありました。

でも、HDD だけでなく CDやDVDに焼いていなかったのだろうか、それらも根こそぎ持って行かれてしまったのだろうか・・・

何はともあれ早く立ち直っていただけることを祈るしかないですね。

投稿: Tiger | 2004.11.18 21:34

コメントを書く