« 運動会と国勢調査 | トップページ | マルチメディアAkibaに行った »

2005.10.01

WILLCOM の「データ定額」を考えてみた

11月末から始まるという「WILLCOM|WILLCOM「データ定額」の提供について」について「割高感を感じたのはなぜか。それは正しいか」を少し考えてみました。

昨年、京ぽんがリリースされたときの「つなぎ放題」、つまり、今の「つなぎ放題[1x]」は、何の割引サービスも使わないと税込みで6090円/月と結構高めのサービスです。しかし、年間契約15%、長期契約3年以上10%、A&B割15%、そして、複数割引200円を全て組み合わせると、3444円/月まで安くすることが出来ます。

32kbpsとはいえ、3444円/月で、端末単体でのメールのみならず、インターネットサイトの利用が可能で、そして、PC接続しての利用もつかい放題だったわけですから、驚くべきコストパフォーマンスといえるでしょう (^^)

しかし、32kbpsという速度は、テキストメールならともかく、そこそこのサイズの画像添付のメールや画像を多用したサイトを扱うにはしんどい速度でした。


そこで4x、つまり、128kbpsや、8x、256kbpsが登場したわけですが、「つなぎ放題[4x]」は3675円もの「4x付加利用料」が必要であり、これには割引サービスが適用されないために、全ての割引サービスを組み合わせても7119円/月と、1xの倍以上の固定経費となります。

さて、ウィルコム定額プランやデータ定額は、年間契約が前提であり、そして、長期契約もA&B割も関係ありません。しかし、ファミリープラン、つまり、複数契約していれば2台目以降は音声基本料は2900円のところが、2200円になります。ですので、2台契約の場合は、1台あたりは2550円と考えることも出来ます。これにデータ定額のPC接続の場合の最大料金である6300円を足すと8850円となり、「つなぎ放題[4x]」との差額は1731円。

1731円のプラスで音声が定額になると考えれば案外安いわけです。

更に云えば、4xの速度は欲しいけれど端末単体でしか使っていないというような場合は6350円で止まりますから、「つなぎ放題[4x]」より769円安く上がることとなります。また、だいたい40万パケット以下しか使わないような場合も、「つなぎ放題[4x]」より安くなります。

ちなみに、au の CDMA 1X WIN で、プランSS+ダブル定額(PCSVを使った場合の上限)というプラン・条件で、年割15%(1年目)+家族割25%で計算すると8910円/月となります。これはWILLCOMのデータ定額を端末単体で使う場合の上限6700円と比べると2210円も高いことになります。

「つなぎ放題[1x]」と比べたら、5466円も高いわけですが・・・しかし、au は場所が限定されるとはいえ、最高2.4Mbpsが可能であり、32kbpsと比較すると75倍もの速度を実現しています。

それを考えると、たった4倍で3000~4000円も変わってくるというのは、かなりの割高感です。


でも、忘れちゃならないこととして、au と WILLCOM の大きな差として「PC接続において定額となるかどうか」があります。WILLCOM は、PC接続でも上限が決まっています。au は青天井です。
いくら速度が速くとも、この差は大きいです。

いや、速度が速いだけに、PC接続した場合の使いすぎは恐ろしいわけです。
ですので、どうしてもというとき以外は、au で PC接続しないようにしています ^^;;
W31T を使っていますから、Bluetooth で接続でき、速度も ADSL 並ですから快適なんですけれど・・・

私の場合、au の青天井を回避するために、bモバイル・アワーズを使ってきました。これは、4x相当のデータ通信能力を持ち、使い放題ではありませんが、月当たりに均すと、1490円で7.5時間の通信が可能です。私の場合、PC接続で利用するのは週に一度あるか無いかであり、実際、bモバイル・アワーズの利用時間も余っちゃっているくらいです。

そのような場合、データ定額でも上限には達しない可能性が高いですから、かえって安く済む可能性も出てきます。

ここまで検討してみると、bモバイル・アワーズの存在さえなければ、W31T とのダブルホルダーという条件でも、結構、データ定額という選択は悪くないかもと思えます。


しかし、ここまで書いておいてなんですが、料金プランや回線速度ではなく、端末の操作性が実は一番重要だったりして A^^;;

私が京ぽんから W31T(というか、その前のW21CA II )に、モバイルでのメールやブラウザを移行した原因はいくつかありますが、その一番大きな問題は操作性の悪さ(もっさり感)でした。最初の慣れないうちは、自分がまだ習熟していないからかなと思っていたんですが、操作に慣れてくるに従って、端末が私の操作にキビキビとついてこないことに不満が募ってきました。そんなに私の操作が素早いわけでもないのに、あんまりにも鈍くさいのです。

この点が解決されていないと、単にバッテリーがもう持たないから、というだけでのリプレースになってしまいそうです・・・というか、その場合は、バッテリーだけ買って、ジャケットフォンを待つべきなのかも知れません A^^;;

たぶん、そんなに時期を違えずに出るはず?なので・・・。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/6205130

この記事へのトラックバック一覧です: WILLCOM の「データ定額」を考えてみた:

コメント

コメントを書く