« ブログのもと | トップページ | 日本の AdSense に Firefox紹介プログラム、登場 »

2005.11.29

それは Windows Live/Office Live かもしれない

CMS の進化系なんでしょうけれど、「全然ギークでも何でもない」というなら、Access ではなく Excel とか Word を持ってこないと(笑

となると、Google Base の対抗馬は Windows Live/Office Live かも知れません。

ここまで読んでいただければわかるだろうが、私は、次にやってくるツールは、「Movable Typeのようなコンテンツ・マネージメント機能を完全に備え、HTMLファイルを静的出力する上、元となるデータベース形式も自由にウェブ上からカスタマイズできる“リレーショナル・データベース→ウェブページ化ツール”」だと考えている。

[ ブログの「次」はこれが来る。DWS(デーサイ)=データベース→サイト化ツールの時代 [絵文録ことのは]2005/11/29 ]

私の知っている、パソコンがある程度使える一般人さんは、なんでもかんでも Excel でやります、という人が少なくなくて、「えー、そんなことまで Excel でやっているの?」という感じ。確かに Excel は便利です。

でも、やっぱり、本命は Google Base で、あれ用のUIと静的 HTML生成のラッパーサービスをどこか/誰かが作らないかなとか考えています。接続先は Amazonでも、他の Blog でも本当は良かったりして。Gmail でもいいや。Web上のスペースで Web API でコントロールできるなら、何でもOK。

・・・って、Google が作っちゃう気もしますけど(笑


こんなのもやっているらしい。


追記で取り上げて貰った中に

手元にあるソフトをいじってアップ、というなら、DreamWeaverのテンプレート機能とサイト管理機能をいじれればいいということになるのだけど、やはりブラウザ上からいじれないのが最大の難点。DWにしろ、Accessにしろ、ファイルメーカーにしろ、これがウェブ上に移行して使えるツールになれば……ってことですね。それがWeb 2.0なのか?笑

 ちなみにDWSというネーミングにはこっそりDreamWeaver Second generationの意味も込めてある……というのは今思いついたネタだけど。


[ ブログの「次」はこれが来る。DWS(デーサイ)=データベース→サイト化ツールの時代 [絵文録ことのは]2005/11/29 ]

とありますが、マクロメディアなら確かにあり得ますね。Macromedia - 製品 : ColdFusion MX 7という例もあることだし。ただ、これのようにサーバサイドが特殊すぎると、heteml(ヘテムル) | クリエイターのための高機能ホスティングサービスのようなサービスに依存しちゃうので普及しないでしょうねぇ・・・ A^^;;

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/7373162

この記事へのトラックバック一覧です: それは Windows Live/Office Live かもしれない:

» DWS(デーサイ)構想によせて [此処録]
 ブログのように簡単に更新可能で、かつブログよりも柔軟なコンテンツが作成できるよ [続きを読む]

受信: 2005.11.30 12:39

» Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービス [The Paradigm Shift:パラダイムシフト]
Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービス グーグルベース(Google Base)に対応して、Fremontは個人や企業が簡単に案内広告を出せる、オンライン・ナノパブリッシングサービスである。グーグルベースに刺激されたわけではないとMS側は説明している。 Fremontは、人々が「ソファ売ります」「通勤用の車を探しています」などの案内広告を出せる無料サービスだ。... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 21:33

» 「Office Live」のテスト間近。 [EBISU組]
米Microsoftは2月13日、GoogleやYahoo!などのライバルをかわすためにコンピュータベースの製品の一部をWebに移行する第一歩として、Officeのオンライン版のテストを開始することを明らかにした。 Office Liveでは3バージョンのサービスが提供されるらしい。 1)オンライン広告付きの基本バージョンは無料で、ユーザー企業のドメイン名を使った電子メールアカウント(最大5件)、2Gバイトのストレージ、標準的なWebデザイン・管理ツールが提供される。 2)サブスクリプション制だ... [続きを読む]

受信: 2006.02.15 01:12

コメント

コメントを書く