« アクセラナビ(AccelaNavi) | トップページ | ドコモがタワーレコードを傘下に »

2005.11.05

ソニーBMGの行為はかなりグレー

ソニーBMG、問題のコピー防止機能付きCD向けにパッチ配布へ - CNET Japan」によると

ソニーBMGの技術パートナーである英国のFirst 4 Internetは米国時間2日、同コピー防止ソフトウェアの存在を隠せなくするパッチを、ウイルス対策企業各社に向けてリリースしたと述べた。

このパッチはSony BMGのウェブサイトでも公開されるそうですが、しかし、相変わらず、アンインストールについては、

このコピー防止用ソフト全体を削除したいユーザーは、同社のカスタマーサポートに連絡しそのための方法を知ることができると、 Sony BMG関係者は述べている。

[ 同記事より - CNET Japan ]

という状況で変わっていないようです。アンインストールの方法とその為のツールもきちんと公開するべきでしょう。

この問題について、具体的な危険性が、なかなかわからなかったのですが、以下の記事で明確になりました。

さらに、ファースト4インターネット社のコードが流す虚偽の情報は、システムに非常に大きな影響を与える。このプログラムがインストールされたパソコンでは、「$sys$」で始まる名前を持つファイル、ディレクトリー、プロセス、レジストリーキーが、ウィンドウズ上では一切ユーザーに見えなくなる。ルシノビッチ氏は、『メモ帳』ソフトのコピーを作って『$sys$notepad.exe』というファイル名に変更することで、これを確かめた。ファイル名を変えたとたんに、ウィンドウズ上では見えなくなったのだ。

[ ソニーの音楽CDに「トロイの木馬」――真の問題点は何か ]

この記事には

CD購入者のコンピューターの最も基本的な性能に危害を加えたことで、ソニーBMG社はフェアプレーのルールを破り、合法的なソフトウェアとコンピューターへの不法侵入を隔てる、明確な一線を踏み越えたのだ。同社の行為は民事訴訟の対象にもなりかねない。

 さらに、米国の『コンピューター詐欺・濫用禁止法』のもとでは、ソニーBMG社の行為は犯罪とみなされる可能性もある。

と書かれていますが、私も、ソニーBMGは、権利侵害を防ぐために、他者の権利を侵害しているように思えます。

さて、皆さんのマシンは大丈夫でしょうか。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/6903538

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーBMGの行為はかなりグレー:

» ニュース速報 [SONY、SYMANTECと共謀しウィルス散布。F-Secure社員が感染し発覚!]
フィンランドのエフ・セキュア社は現地時間1日、ソニー・グループが発売したコピー制限機能付き音楽CDが、コンピューターウイルスであることを突き止めた。エフ・セキュア社では、ロックグループ『ヴァン・ザント』のCD『ゲット・ライト・ウィズ・ザ・マン』を、米アマゾン社で購入。実際に、危険性があることを確認した。このウィルスCDは、最初に使用条件が表示され同意を求められるが、アンインストール機能は用意されておらず、ウィルスの削除を試みると発病し、CD/DVDドライブを破壊し、以後ドライブを使用不能にする。こ... [続きを読む]

受信: 2005.11.06 11:15

コメント

コメントを書く