« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.30

Feedpath がリリース

Feed 2.0 だそうです。ソーシャルタギング付きのフィードリーダーという感じ。
他のWebタイプのRSSリーダーのようにだんだん重くならないか、また、Web API の実装といった、Web 2.0 らしさを今後、どう実現していくのかが楽しみです。

Feedpath in the era of Web 2.0

news

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.29

Google の「戦略技術」

My Life Between Silicon Valley and Japan - 「ライブドアの技術の話」と「技術指向の経営」について』(コメント含む)と『404 Blog Not Found:「戦略技術」なるものはありうるか?』を読んで、改めて、Google について思ったことがあります。

「戦略技術」は「戦略兵器」と同じフレームなのだとしたら、そして、Google の「戦略技術」と云えるものがあったとしたら、それは、私が Google 最大の実績と考えている、「PageRank」というパラダイムを技術的に定義し、更に、ネット上に定着させたことがあげられるだろうなと。

それは、ディレクトリをたどって、探し回って、人が目的に近づくのではなく、目的が人の方へ近づくという手法を確立させ、そして、ネットのパーソナル化を大きく前進させ、他社の手法まで変更させてしまうほどの威力を発揮しました。

それ以来、Google がやっていることは、スクリーンの向こう側のいろいろなリソースを、気持ちよく人に届けるにはどうやればいいかを開発している会社なんだとみています。

しかし、「基盤技術」も「戦略技術」にしても、技術である以上は「すべ」であり、道筋なのだから、それ自体が最終目的にはならないわけで、コンシューマー向けサービスである以上は、それほどの違いはないでしょう。

では、「基盤技術」と「戦略技術」に大きな違いがあるかといえば、始めに目的ありきで技術を開発するか、既にある技術、もしくはその延長線上にあるものによって目的が左右されるかという、優先順位の問題かなと。

「戦略技術」の開発を最優先事項とするMy Life Between Silicon Valley and Japan - 「ライブドアの技術の話」と「技術指向の経営」についてでは書かれていますが、それ以上の優先事項として、こういうサービスを提供する、という目標設定があり、そのために必要なら、会社を買収することも、技術者の引き抜きや青田買いも何でもやる、というのが Google の進んできた道であり、手法であり、そして、それが唯一の戦略である気がします。

ある意味、ひどく単純な話で、云うなれば、超目的指向であり、超顧客志向。

ただし、この顧客が Google 自身を含んでいることは間違いなくとも、我々を含むとは限らなかったりするのが、Google のすごいところ、怖いところかも A^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.26

FeedBurner Japan に登録

FeedBurner - プレスリリース」を読んで「RSS情報のトラフィック測定」が無料で可能と云うことで、登録をしてみました。

登録しただけではダメで、http://feeds.feedburner.jp/asobiya というアドレスでフィードを購読して貰わなければならないようです。んー、まあ、そうか (^^;

とりあえず、フィードがきれいに見えるだけでも良いか(笑

TypePad設定方法にある方法でAutodiscoveryまで書き換えるかはまだ検討中。でも、なんで、Atom ではなく RSS を選択するように書いてあるんだろう・・・私は Atom を選択してしまったけれど、これではなにか不都合があるのでしょうか A^^;;

続きを読む "FeedBurner Japan に登録"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フレッシュリーダーを LaCoocan にインストール

i d e a * i d e a - 待望のリリース、FreshReaderを速攻レビュー」経由で「サーバー型 RSS リーダー - フレッシュリーダー」を知って、早速、LaCoocan にインストールしてみました。

アーカイブをダウンロードして、FTP で転送するという通常の手順も可能ですが、「直接 FTP インストール」という、あまり見ない手順があったので、それを試してみましたところ、無事に成功。

これは属性の設定とかしなくて良いので、とっても簡単、あっという間でした (^^)

注意点は、直接 FTP インストール - フレッシュリーダーにもあるとおり、一時的にパスワードを変更することと、インストールディレクトリは「/asobiya.la.coocan.jp/homepage/freader」のように「/<アカウント名>.<ドメイン>/homepage/<インストールしたいディレクトリ名>」とすることくらいです。サーバーOSは「Linux」でOKです。

ちなみに、システム設定の「はじめに設定してください」となっている「クローラーの設定」は、LaCoocan では cron が使用できないので、素直に「クローラーオプション」を利用しました。

あと、システム設定では

  • ユーザー情報の設定を行うこと
  • 基本情報の設定で、ログイン方法を変更すること

くらいをやっておけばとりあえずは使えます。

まだ、たいしてサイトを登録していませんけれど、さくさくで良いですねぇ (^^;
Bloglines や Google のパーソナライズドホームを押しのけて、メインになりそうな予感・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.24

Windows Mobile搭載のFOMA

2006年下期というのは、これまた先の話ですね A^^;;
ナンバーポータビリティをにらんで、こっちの水は甘いぞ作戦なんでしょうか。

NTTドコモと台湾のHigh Tech Computer(HTC)は、Windows Mobile 5.0日本語版を搭載し、フルキーボードを備えたHTC製の法人向けFOMA端末を導入することで基本合意に達したと発表した。2006年下期にも導入される予定で、同端末はFOMA初のメーカーブランドとなる見込み。

[ NTTドコモ、Windows Mobile搭載の台湾HTC製FOMA端末提供へ ]

au(KDDI) はどうするのかなー。W-ZERO3の携帯版を出さんかなー。

こっちも先の話ですが、密かに期待していたりして。

KDDIは、au携帯電話において、シャープ株式会社 (本社: 大阪市、代表取締役社長: 町田勝彦、以下シャープ) が製造する機種を採用することを決定しました。2006年11月までに予定される携帯電話の番号ポータビリティ導入までに、シャープ製のau携帯電話を発売する予定です。

[ KDDI 会社情報: ニュースリリース > シャープ製 au携帯電話の採用について ]

これがどんなのになるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blog Keyword Visualizer、始まった

(遊): Blog Keyword Visualizer、おもしろそう」に書いたものが、昨日、リリースされてました。実は、そろそろかな~と昼前に見に行ったんですが、早すぎたみたいです A^^;;

So-netを運営するソニーコミュニケーションネットワーク(SCN)は、新しいポータル戦略の一環として「Web2.0サロン(web.two.o.salon)」を開設した。同社では第1弾サービスとして、「Blog Keyword Visualizer」のベータ版を1月23日から3カ月程度の期間限定で無料提供する。

[ SCNがWeb2.0サロンを開設「Blog Keyword Visualizer」ベータ版を提供 ]

Norton Internet Security を使っている人は、下の方のHTTPSプロトコル版を使えと云うことで、それをインストール。早速実行させてみます・・・起動に少し時間がかかるようです。私は待ちきれなくて二度クリックしたら、二重起動しちゃいかんと怒られました A^^;;

起動して、しばらくすると、真ん中のところから、ポコッ・・・ポコッ・・・という感じでキーワードが沸いてきます(笑
これ、スクリーンセーバーとして素敵かも。


開発者ブログもありますね (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.01.21

目覚めてみれば雪ですねぇ・・・

そういえば今日はセンター試験。
私の頃は共通一次と云って、日付ももう一週間くらい早かったような気がするけれど、なんで、この日は雪が降るかねぇ (^^;

そんな中、うちのつれあいは第23回次世代ワールドホビーフェアに行きたいとか云ってますよ。
娘は雪を見て、興奮状態で、寝間着の上にコート来て、出て行こうとするし。

電車で行くか、車でとろとろ行くか・・・

続きを読む "雪"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.20

LaCoocan に FreeStyle Wiki

しばらく前から気になっていたFreeStyle Wikiを LaCoocna に入れてみました。当たり前ですが、当たり前にインストールできました(笑

特段、弄ったのは

  1. sendmailのパスに「/usr/sbin/sendmail」を設定
  2. backup=0
  3. .htaccessiを以下のように設置
    DirectoryIndex wiki.cgi index.html index.htm

    <FilesMatch "\.(pm|dat|wiki|log)$">
    deny from all
    </FilesMatch>

このくらい。あとは readme - ドキュメント - インストール の通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

Outbound Port25 Blocking への対応をぼちぼち始める

会員サポート > Outbound Port25 Blockingの実施について:@nifty」にあるとおり、@nifty でBフレッツを使っていたりすると、@nifty 以外のメールサーバからの送信が今までの設定ではできなくなります。

つまりは、Port 25 以外のポートを使った設定に変えないとならないというわけで、ぼちぼちと調べ始めました。ざっと、調べたところ、私が使っているところだと以下のような結果に。

OCN が非常にすばらしい。XREA.COM もなかなか。goo や ロリポップ!は、ちょっと、わかりにくいし、メールが送信できなくなる前に対応したい人に不親切 A^^;;

リストを Outbound Port25 Blocking - あそびや・ら・くうかん にも置きました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Blog Keyword Visualizer、おもしろそう

mixi でマイミクが触れていたものです。
使い勝手によっては、一過性になっちゃう可能性もあるけれど、おもしろそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

LaCoocan で Movable Type も入れてみた

ラクーカン lacoocan こんな使い方:@nifty」の通りやってみただけですけど。すごく簡単。まあ、5分ではできないけど、cgi を FTP するのができる人なら15分もあればいっちょ上がりという感じ。スゴイね A^^;;

興味のある人は「Activity Memo the 2nd: ラクーカンで MovableType を使うための設定手順」の続きを待った方が良いかも (^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.17

LaCoocan で PukiWiki 動いた!

一つ前の記事を書いたときには、

Security Alert! PHP CGI cannot be accessed directly.

というエラーが出ていたのだけれど、夜ご飯を食べ終わって、再度、試してみると

403Error Forbidden

に変わっていました。そこで「PukiWiki アクセス権」で再度、検索してみると、pukiwiki.ini.php の以下の部分を設定すると解決する場合があるという事例を発見。

// Specify PukiWiki URL (default: auto)
//$script = 'http://example.com/pukiwiki/';

となっている部分を

// Specify PukiWiki URL (default: auto)
//$script = 'http://example.com/pukiwiki/';
$script = 'http://asobiya.la.coocan.jp/wiki/';

としてみたところ・・・動いた!今度こそ、動きました。
ちゃんと、新規ページも追加できるし、修正もできます。

ああ、よかった (^^)

続きを読む "LaCoocan で PukiWiki 動いた!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LaCoocan、始まる

格安レンタルサーバは今やいくらでもありますが、ニフティから、ニフティとしてはビックリするくらい格安の(笑)、ラクーカン lacoocan:@niftyがリリースされました。

2GB の容量で、一年契約なら 5,670円ですから、XREA+(1GB・2,400円/年) よりは高いですが、ロリポップ!(200MB・3,150円/年, 500MB・4,410円/年)やSAKURA Internet : レンタルサーバ
(1GB・5,000円/年)よりは、容量単価では安い感じ。大健闘ではないでしょうか。

Perl, PHP, Ruby という三大スクリプトもまともなバージョンで使えるようですし、SQLite もサポートされているようです(マニュアルにはないけど)。

というわけで、上記三つ+WebARENA にまで手を出してしまっている私としては、毒を食らわば皿までというわけで契約してみました・・・なんでか、メインIDでははねられましたが、別のIDで再度トライしたところ、無事に取得できました。そして、使い慣れた PukiWiki をさくっとインストール。

http://asobiya.la.coocan.jp/wiki/

うっひょー、ニフティなのに、さくっと PukiWiki が動きますよ・・・これは @homepage で挫折した人にしか分からない喜びでしょうねえ・・・

#1 うげげ、今、いじってみたら、なんかアクセスできないページがあったりします・・・ 設定ミスったかな A^^;;
#2 php.ini の cgi.force_redirect がコメントアウトされているのが原因らしい・・・

コントロールパネルとか偉くシンプルだし、ドメインはドメイン@niftyしか使えない辺りに不安を残しますが、転送量については @homepage 同様、基本的には無制限のようです。といっても、明文化されていないと云うだけで、極端な負荷がかかったら帯域を絞られると思いますけれど。

とりあえずは、まだまだ、工事中なマニュアルなどの充実を期待したいところです。

あとは、対抗して XREA+ あたりが 2GB を通り越して、4GB とかのサービスをしてこないかなぁとかが見物でしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2006.01.16

「文字拡大ツール」を導入してみた

ココログ向けの設置方法も公開されていましたが、プロ版で独自テンプレートを利用している場合には、その設置方法では使えないので、そのまま左サイドバーのテンプレートにコピーしました。無事動いているようです (^^)

有限会社 Creator’s NEXT は13日、シニア層の IT リテラシーを上昇させるため、ブロガー向けに文字の大きさを3段階に調節することができる「文字拡大ツール」のα版を提供開始した。

[ Japan.internet.com Webビジネス - Creator’s NEXT、ブロガー向けに「文字拡大ツール」を無償提供 ]

でも、本文のみ表示される Individual Archives にはサイドバーがないようにしているので、そこでは使えず。
まあ、同じ動きをする JavaScript を入れるのは簡単なんですが、さて、それではおもしろくないし。

他にも、いろいろと変更したいところが少なくないんだけれど、さてさて。ふ~む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やぁ、危なかった・・・

以前、ドメイン失効の件についての記事をいくつか書きましたけれど、うっかり、自分がそれをやりそうになりました A^^;

サーバの更新とドメインの更新が重なっていたんですが、サーバの更新だけやって、なんでか、ドメインの更新も終えたものと勘違いしていました。
サブのPCで受けていたメールの処理をしていて、更新通知メールがあったので、念のためと確認したら更新されておらず、ようやく自分の勘違いに気がついて、あわてて更新しましたよ。

やばい、やばい(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

いいかげんにしろい

なんかね、特定の記事にだけ、21個も数時間おきにトラックバックspamが付いたんで、こういうことはしたくないんだけれど、その記事だけトラックバックの受付を一時的に停止しました。IPもバラバラなんで、他にしようもなく。

しばらくしたら、また、受け付けるようにする予定です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.01.01

明けましておめでとうございます

去年はいろいろとありました。
個人的には上がったり下がったり目が回るような年でした。

今年は、一つの節目がある気がします。
でも、だからといって、何が変わるわけでもない気がします。

やりたいこと、興味のあることが尽きないので、貧乏暇なしです。
時間もお金も足りないものばっかりです。

どんなに疲れても、あれもやりたい・これもやりたいというのは、餓鬼でも頭の中にいるんでしょうか。
でも、体がついて行かないことが増えました。
体の老化が加速しつつある気がします。

・・・「気がします」ばっかりだな (^^;

そんな「あそびや」ですが、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »