« 水玉 | トップページ | Fresh Reader、ブロガーライセンス、取得できました »

2006.03.01

Fresh Reader、正式版がリリース

Freash Reader の正式な製品版がリリースされました。「更新履歴」を見ると、かなり細かいところがブラッシュアップされています。

アップデートは上書きでも大丈夫のようですが、「基本的には、以前のものをアンインストールするか、別ディレクトリに新規インストールすることをおすすめします。 」ということなので、別ディレクトリに入れようかと考えています。でも、蓄積した記事が活用できないのは悲しいので、バックアップを取った後で、上書きインストールにも挑戦するかなぁ・・・


なお、Freash Reader には、以下の適用条件の元での「ブロガーライセンス」というライセンスがあります。

  1. ご自身でブログ/ホームページを持っていること(mixi日記を含みます)
  2. フレッシュリーダーを利用していることをブログ/ホームページ上で告知していただけること
  3. 企業内など、法人として、または法人名義の設備内にインストールしないこと

mixi日記もOKってところがおもしろいですね (^^)
告知内容の条件としては以下の通り。

  1. フレッシュリーダーをご自身で利用していること、および、本記事の投稿によりブロガーライセンスの適用を受けようとしていることを宣言して下さい。
  2. フレッシュリーダーのホームページにリンクを張ってください。
  3. フレッシュリーダーを利用した感想をご記入ください。

というわけで、私もブロガーライセンスの申請をしました。
リンクとかは記事のリンクでいいのかしら A^^;

I love Fresh Reader みたいなロゴがあれば、貼っても良いかナー(笑


申請受付のメールにバナーやリンクの形式など、細かい記載がありました A^^;;

フレッシュリーダーのホームページへのリンクの張り方としては「○○な RSSリーダー、フレッシュリーダー」というテキストに、申請者毎に発行されていると思われる url でリンクし、その後に、掲載確認申請を行うという順番になるようです。

私の場合、なんといっても「軽快な RSSリーダー、フレッシュリーダー」ですね (^^)

さて、「フレッシュリーダーを利用した感想をご記入ください。」という部分、今までもいくらか書いてきているので、それで良いカナとも思うのですが、「インストール時や利用時に困った点」というのもあるようなので、一つ書いてみます。

今、私は LaCoocan にインストールしていますが、これを別のサーバに Freash Reader を移転させたい場合、データの移行としては全体をコピーしないとならないか、それとも、db ディレクトリだけも良いのだろうか、という点がよく分かりませんでした。

→ [[フレッシュリーダー - RSS リーダー : データ移行について>http://manual.freshreader.com/archives/2006/01/post_32.html]] が追加になったようですね (^^)

また、今回のライセンスに伴い、Fresh Reader の url も登録申請するわけですが、移転した際の手続き方法も知りたいところですね。よろしくお願いします。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/8892958

この記事へのトラックバック一覧です: Fresh Reader、正式版がリリース:

» Fresh Reader [文車に燃ゆ恋文]
 blog開設者のツボを見事におさえたツールを提供している「サイドフィード株式会社」。当「文車」でも、以下のツールを既に使わせていただいております(右サイドバー... [続きを読む]

受信: 2006.03.05 00:08

コメント

コメントを書く