« XREA 騒動のその後 | トップページ | Google Calendar の Quick Add で、複数の MyCalendar を使い分けたいけど、書き方が分からない »

2006.04.18

P2Pベースのコンテンツ配信システム

壇弁護士の事務室: SkeedCastです。新型ウィニーとは呼ばないでください。」経由で「IIJ、コンテンツ配信にウィニー技術応用 インターネット-最新ニュース:IT-PLUS」。

P2P は、本来、インターネットに最も適した技術であり、また障害や負荷への適応を、その上のコンテンツの品質を適度に保証しつつ、柔軟に行えるものだと思っています。

まだまだ、記事の内容では詳細は分かりませんが、「株式会社ドリームボート | 次世代型P2Pデジタルコンテツ配信システム」をウォッチしていると見えてくるかも知れません。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/9650247

この記事へのトラックバック一覧です: P2Pベースのコンテンツ配信システム:

コメント

コメントを書く