« クセロPDFのクセロからウイルスメール | トップページ | RSS にブックマーク »

2006.04.06

「そうじゃないと思う」のコメントを受けて思ったこと

(遊): そうじゃないと思う」にコメントを頂いて、コメント覧に書いていたのですが、ちょっとコメントだけではない範囲にまで及んでしまった感じなので、記事にしておきます A^^;;

なので、前の記事とコメントを読んでいないと何が何だ分からないかもしれません(笑


さて、今回、花岡氏が受けたような「的外れな」「思いこみによる」コメントやトラックバックについて、真に受けなければ、スルーすれば、それでいいかと云えば、そんなことはなくて、真正面からきちんと取材して、それを記事にしたことは素晴らしいことであると思っています。

しかし、それを誰もが出来ることかと云えば、そんなことはないし、それを他者に求め、それができないものが多いことで、大人の世界に通用しないというかのような意見は変だと思うわけです。

そういう世界でも判断が可能であり、必要な情報を引き出せるのが、生きる力を持った「成熟した大人」というものではないでしょうか。そして、それを身を以て示すことで、集団全体の成熟を目指すのが、大人の社会での「成熟した大人」の姿ではないでしょうか。

「大人の世界」というのが「大人だけの世界」(サロン?)という意味で、そういう世界をネットに求めているのかも知れませんが、それはもっと変な話でしょう(笑


ネットに限らず、新聞や書籍に書いてあることだって、真に受けて信用したりするのは成熟した大人のすることではなく、それぞれの背景や状況を踏まえつつ、その確度を判断するものでしょう。

対象によって、確かに玉と石の比率は変わるかも知れませんし、見分け方の難易も変わりますが、それを判断するのは自分自身であることは変わらず、それを相手のせいにした時点で、そこが自身の能力の限界であると告げたことと同じになると思います。


例えば、ネット上でも、2ちゃんねるの匿名前提のコミュニケーションって、ある意味、すごく高度なコミュニケーションで、ブログでの半ば追跡可能なコメント・トラックバックとはレベルが違うとは感じます。ブログは、読む方も書く方も、2ちゃんねるという特殊な場であることを意識していないが故に、素の民度がそのまま現れやすいと云って良いかと思います。

それでも、ブログだって、2ちゃんねるだって、新聞や雑誌と、情報源としては変わりはないのです。書き方に好き嫌いはあるでしょうけれど(笑


それより、新聞や雑誌とネットの違いの本質は、スピードと多様性でしょう。これこそが、ここまで、生の社会が映し出されるようになった力の源でしょう。生放送の怖さと通じるところがありますが、生放送でも、まだテレビ局には最悪「しばらくお待ち下さい」というテロップという武器が残されています。しかし、ネットではそれすらも不可能というところが厳しいところです。

後から消すのが精一杯で、書き込んでいる最中に、それをリアルタイムに監視しているところはほとんど無いのが現状です。まあ、大勢の目があるところでは、それなりに後から消すのも早いですが ^^;


新聞や雑誌というのは、いわば、纏めサイトなのだと思います。
雑音を廃し、良いとこ取りをして、纏めたサイト。

曲解を畏れず云えば、編集者の意図に沿って、纏めた盆栽(笑


しかし、もし、そういうものばかりの世界を成熟したというなら、それは「おっきなお友達」並みの大人という意味の成熟度ではないでしょうか(笑

ある意味、世の中を平穏に過ごすための「公器」にはなるかもしれないけれど、そこには多くの真実が欠けていることになるのではないかと思います。


ネットに全てがあるというわけではないですが、少なくとも、真実をフィルター無しにアップロードできる環境があることは確かです。ただし、嘘も間違いも、遠慮会釈なく、フィルター無しにアップロードされてくるっていうだけです。


そして、その世界の反応は、今のところ、正しい手順さえ踏めば、割と正しいのです。ただし、正しい手順について、下手な省略や甘えは許されない場合が割とある、その辺りは正直、きついでしょうが。

この辺り、テリトリーが違えば、共通認識が違い、省略可能な事柄に差があるということで、その共通認識が成長する?変化することで、省略可能な事柄が増えてくる可能性はあります。そういったことを考えているのかも知れません。しかし、国境すら飛び越えてしまう、ネット全体での共通認識と省略可能な事柄を「方策」程度でなんとかできるものでしょうか。中国みたいに、ネットの分断も辞さず、くらいの強硬姿勢も取るというなら別ですが。


こんな世界、これを大人の世界と云わずして、なんと呼ぶのでしょうか(笑

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/9460499

この記事へのトラックバック一覧です: 「そうじゃないと思う」のコメントを受けて思ったこと:

» 釈然としない [はぁい、ちゅうもくちゅうもくぅ~]
我々の国家はどこに向かっているのか(第2回)[花岡信昭氏]/SAFETY JAP... [続きを読む]

受信: 2006.04.06 20:45

コメント

コメントを書く