« Winnyトラフィックの調査 | トップページ | Skypeギフト »

2006.04.05

そうじゃないと思う

日本人すべてが成熟すれば、ネットもブログも成熟するでしょうが、それまでは、成熟した個人個人は居ても、誰でも入れる集団全体が成熟することなんてあるわけがないと思うのですよ。

ブログはいわゆる「ネット・オタク」に占領されているのではないか。これを大人の世界にも通用するレベルに持ち上げないといけない。そのための方策を考えないと、成熟したネット社会は到来しない。

[ 我々の国家はどこに向かっているのか(第2回)[花岡信昭氏]/SAFETY JAPAN [コラム]/日経BP社 ]

ブログが普及して、誰でも容易にネット上で発信ができるようになり、そして、好き勝手が書けるようになったことで起こったことは、ブログによって、ネットの主流に一般社会の写し鏡ができあがったというだけのことです。

もう一つ、云えるのは「フレーミング」がマスコミというフィルターを介すことなく、直接、起きて、相手がネットの上にいれば、直接、届けられるようになったということでしょう。産地直送みたいな。

ネットだけを見て、ネットだけをどうこうしたところで、未成熟な人間は別のところで「小人閑居して不善を為す」だけのこと。

ネットだけでなく、一般社会で、きちんと通用する大人が減ってきていないですか?
きちんとした行動と結果を見せると云うことが何より、大人を成長させる行為だと思いますが、あまりにきちんとしていないものが溢れすぎてやいませんか。

つまり、ネットが成熟していないのではなく、今まで見えてなかった、見ようとしなかった「成熟していない日本人」が、よく見えるようになった、嫌でも見せつけられるようになった、そういうことだと思います

でも、一方、きちんとした説明が出来ると云うことも成熟した大人が必要なことであり、それが今回、当初、出来ていなかったから騒ぎになったと思え、そして、きちんとした説明で収まったのであれば、それは正しい反応といえるでしょう。

「トラックバックを見ていると殺伐とした空気があり、パソコン通信時代の心の温かさがインターネット時代になって失われつつあるのではないかと少し心配」と指摘。

[ 「さよなら、パソコン通信オフ」が開催。ニフティ社長なども出席 ]

という記事というか、すぐ後ろで聞いていた(笑)わけですが、パソコン通信時代にも別に殺伐とした書き込みがなかったわけでなく、いくらでもあったけれど、しかし、全体がそれに染まらなかったのは、そうならないように努力をした会員さんをサポートする仕組み・システムがあったからです。

世間様は厳しいので、手を抜けば、とたんにしっぺ返しを食らいます。
うまくいかないときは、何かが足りないか、何かが間違っている、大抵はそういうことが多いものです。

でも、頑張った分だけは、ちゃんと世の中は応えてくれるとも思うのです A^^;;

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/795/9438665

この記事へのトラックバック一覧です: そうじゃないと思う:

» 良くしていこうと思うこと [Tinkle-Tinkle]
Tigerさんが、私がいつも思っていることを、端的に表現されていたので、トラックバックしてみます。 リンク: (遊): そうじゃないと思う.ブログが普及して、誰でも容易にネット上で発信ができるようになり、そして、好き勝手が書けるようになった... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 10:28

コメント

ブログのいうことをマスコミとか大先生とかが、真に受けるっていう姿勢そのものが問題な気がします。
いまやネットは大人から子供まで誰でも参加しているわけです。
匿名でのブログでのコメント交換やトラックバック交換なんて、2ちゃんねるなどの掲示板と同じで、検証もしないで使えるネタじゃないでしょう?
『嘘を嘘と(ry』です。

単に茶のみ話、井戸端会議と思ったら間違いないと思います。内容は玉石混交です。
文字という形態をとっているため、新聞や書籍の延長線上と誤解しているんじゃないでしょうか。

また、仮に単なる「噂」だとして、それを無視するのか、打ち消す努力をするのか、訴えるのか(w)は、本人次第ではないでしょうか。

(メルアドは偽で入れました…公開されるの嫌なので)

投稿: itochan | 2006.04.06 13:30

コメントを書く