アニメ・コミック

2007.09.30

リンガ・フランカ

ちょっと前に「リンガフランカ」という、アフタヌーンに連載されていたマンガがあったんですが、この「リンガフランカ」というタイトル、どういう意味なのか、全然気にしていませんでした。

で、今朝、「入門Subversion」という本を見ていたら、unidiff形式の説明のところに、唐突に「どこでも通じる言葉(lingua franca)」という文が ^^;;

「んっ!?」となって、頭の中でポンと繋がって、「あー!なるほど!!」。

この「リンガフランカ」というマンガ、家族とすらまともなコミュニケーションができず、疎外されている若手芸人二人の割と切ない話しなんですが、「お笑い」という「リンガフランカ」で、コミュニケーションを取り、理解し合っていくという話しだったのかと、今更ながらに再消化(笑

しかし、全然、違う本2冊が、こんなところで繋がるとは(笑


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.22

ややんの気持ち

このコミックは電車の中で読んではダメです。
私は昨日、電車の中で読んじゃって、しばらく顔を上げることが出来なくなりました。

娘が電車の中で寝てしまったので、抱っこして帰ったんですが、途中で目が覚めたのに、それに気が付かれると抱っこして貰えなくなると思ったのか、寝たふりをしていました。でも、抱きついている腕が、本当に寝ていたときとは違って、ぎゅっと力が入ってしまうのでバレバレです。

そんな、うちの娘はややんと同じ5歳。

いつもなら、すぐ途中で下ろすんですが、うちの近くまで抱っこして帰りました・・・でも、17キロを抱っこし続けるのは辛くて、最後は歩いて貰いましたけれど A^^;;

ややんの気持ち
安孫子 三和
白泉社 (2006.3)
ISBN : 4592157230
価格 : ¥480
通常24時間以内に発送します。

ところで、株式会社ビーケーワンは、親会社の株式会社図書館流通センターと合併していたんですね。「bk1.jp」もなくなっているし。知らなかった A^^;;

「オンライン書店 ビーケーワン」を運営しております、 株式会社ビーケーワンは、平成18年3月1日をもちまして 親会社にあたります株式会社図書館流通センターと合併いたしました。

[ オンライン書店ビーケーワン ]

どうも違和感があったんですが、シックスアパートに転職されていたんですね・・・
昨年は一時、かなり、さぼっていた時期があったので、全く気が付いていませんでした。
ということは、6AUG にもいらしたと云うことか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003.12.27

資本主義の甘い誘惑

負けました (^^;

031227_1035.jpg

しかし、何で今日届くかなぁ・・・着払い6300円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.12

コミケはクリエイティブ・コモンズの場!?

コミックマーケットというのを耳にしたことがある人は少なくないと思う。
通称「コミケ」、毎年、夏・冬、2回行われる、マンガ同人誌の祭典である。

3日間で、3万前後のサークルが参加し、40~50万人の一般参加者を集めるパワーは、マンガや同人誌、コスプレなどに興味のない人にさえ、歳事のニュースとして、マスコミを惹きつける。

実は、これでもスペース的な問題により、ビッグサイト全館を占有しているにもかかわらず、ジャンルによっては申込みをしているサークルの半分ほどしか参加出来ていない。

σ(^^;)は高校生の頃、まだ、晴海やTRCで行われていた頃から参加し続けている(娘が生まれた1年だけはさすがに行かれなかった ^^;)のだが、これを「クリエイティブコモンズ」の精神を体現する場であるという記事があった。

新年は東京で
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/000858.html

σ(^^;)は両方に興味があったのだが、それが結びつくとは思ってもいなかった(笑

確かに、オリジナルなモノばかりではなく、既存のマンガやアニメやキャラクタをそれぞれの作者なりの解釈や思いを乗せられた作品達は、玉石混淆なれど、「パロディ」という呼び名から想像されるモノに囚われない創作性に溢れているものがたくさんある。

いろいろと危ういものを抱えつつも、大きな衝突もなく、沢山のクリエイター達を生み出し続けるバランスを崩さずに来られたのも、尽力してきた調整者の存在だけでなく、権利者と創作者との間に「クリエイティブコモンズ」の背景にある精神と通ずるモノがあったからだというのは、確かに云えると思う。

それは、少なくない数のプロ作家や出版社までもが、コミケに参加していることからも確認できることだ。
もし、この精神をまったく否定するのであれば、目先の売り上げくらいで、軽々に参加をすることなど考えられない。

なお、コミケの「スタッフもサークルも来場者もすべてがコミケを支える参加者である」という精神は、私自身、大いに共感するところであり、フォーラムに限らず、コミュニティへの参加/運営の姿勢にも大きく影響を与えている。

今年は例年通り、有明・ビッグサイトで12/28(日)~12/30(火)で実施される。

| | コメント (1) | トラックバック (0)